このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

【プチ食い】魅惑のチキン南蛮~本場の人々もこれには思わずニッコリ?~

【プチ食い】魅惑のチキン南蛮~本場の人々もこれには思わずニッコリ?~

本日も動画をご視聴いただきありがとうございます(^^)
自分なりにチキン南蛮の魅力を全力でお伝えしたつもりですが
少しでも皆さんに「本場の味を食べてみたい!」と思っていただけたのであれば何よりです(^^)

※ちょうど本日、はじめしゃちょーさんのチャンネルにお邪魔させていただいた時の動画が公開されておりますので良ければご覧ください(^^)

⇩今回の詳しいレシピはコチラ!⇩
〜南蛮酢〜

濃口醤油500CC
米酢450CC
赤酢50CC
三河みりん100C
本みりん100CC
ザラメ100g
出汁400CC
鷹の爪適量

酢以外のものを鍋に合わせたら火にかけ、
ザラメを溶かすようにしてよく合わせる。

ザラメが溶けたらお酢を加えて南蛮酢の完成。

〜マヨネーズ(タルタルソース用)〜

卵黄2個
油200CC
白ワインビネガー20CC
マスタード小さじ1
塩小さじ1
白胡椒小さじ1
レモン1/8個

油となじみやすいように卵は常温に戻しておく。

ボールに卵黄、白ワインビネガーを10CC、マスタード、塩、胡椒、レモン果汁を加えたらよく混ぜ合わせておく。

(※最初に加える白ワインビネガーは全量の20CCではなく半量の10CCですのでご注意ください。)

そこに油100CCを分離しないようにすこーーーーしずつ加えては混ぜ、加えては混ぜを繰り返しもったりとさせる。

(※ここでも油の全量200CCではなく、まずは半量の100CCですのでご注意ください。)

油を100CC入れ終わると水分に対しての油の量が多くなりだいぶもったりとしてくるので
このタイミングで次は残っている白ワインビネガーの半量を数回にわけて加え混ぜる。

すると次は水分が補填されてゆるくなるので
ここで残しておいた半量の油をまた複数回にわたって加えて完全に乳化させる。

最後に味見をしながら塩、胡椒、レモン果汁でお好みの味に仕上げれば自家製マヨネーズの完成。

〜タルタルソース〜

ゆで卵(固茹で)8個
自家製マヨネーズ300g
玉ねぎ中3個
コルニッション(ピクルス)5本
パセリのみじん切り適量
ケーパー30g
砂糖30g

茹で卵は殻をむき、
握り潰して細かくしておく。

※水から茹でるよりお湯から茹でた方が後で殻が剥きやすいのでオススメです。

玉ねぎはみじん切りにし10分ほど水にさらしたら
サラシ等を使ってしっっっっっっっっっかりと水気を絞っておく。

コルニッションとパセリはみじん切りにしておく。

材料を全て混ぜ終えたら
味見をしながら塩で塩分調整して完成。
(※僕はここで小さじ1程度のお塩と小さじ1程度の白胡椒を加えました。)

〜鶏肉の下処理〜

水を張ったボールに長ネギの頭、生姜のスライスを加えたらエキスを出すように強く握り潰してネギ生姜水を作る。

鶏肉にネギ生姜水を加えよく揉みこみ、しっこりと吸い込ませておく。

〜本調理〜

鶏肉の両面にうっすらと塩胡椒を打ったら
満遍なく小麦粉をまとわせ、
溶き卵にくぐらせて180℃の油で揚げる。

片面3分30秒〜4分で両面揚げる

箸で持ったときに鶏肉の中の水分がフツフツとしているのが確認できたらそのまま南蛮酢に落とし10分ほど休ませる。

(※宮崎出身の方に聞いたところ、そのまま冷蔵庫で1晩寝かすご家庭もあるみたいなので、前日にここまで仕込んでおいて翌日にレンチンして仕上げるっていうのもアリかと思います♪)

鶏肉が少し冷めて中の肉汁が落ち着いてきたら食べやすいサイズにカットして上からタルタルソースをたっっっっっぷりとかけたらチキン南蛮の完成!

★OP音源★
↓beco様↓

★Twitter★
@Taniyaaan1125

本日もご視聴いただきありがとうございました(#^^#)

TV、イベント出演その他仕事のご依頼は
『(株)キューブエンターテイメント マネジメント事業部』 まで
『アドレス』
contact@cube-entertainment.co.jp
『リンク』
http://www.cube-entertainment.co.jp/

↓↓お手紙・その他全てのお荷物はこちらまでお願い致します!!↓↓
『宛先』
(株)キューブエンターテイメントマネジメント事業部 谷崎宛
『住所』
〒810-0001
福岡市中央区天神5-7-3福岡天神北ビル7階

谷やんカテゴリの最新記事